研修医の残業は?

研修医の残業は?

2017年8月、東京都内のある男性研修医の自殺の原因が過労だったとして労災認定を受けたという事がニュースになりました。自殺する直前の6ヶ月に休日はたった5日しか取れておらず、残業は月160時間ほどで、200時間を超える月もあったそうです。最近、医師の過重労働が問題になっています。実に勤務医の35%が時間外労働を月60時間以上行っているという調査結果が出ています。

科によって時間外労働の長さは異なりますが、外科や産婦人科などでは半年で月5日しか休みしかない、残業は月150時間を超えるという働き方も残念ながら珍しくありません。外科医系の医師は朝が早く夜が遅いものです。研修医であれば朝7時から夜20時までは勤務することが多いため、1日に5時間は超過勤務をするのが普通です。これが1ヶ月に20日あれば残業が月100時間となり、ここに当直が加わるのです。もちろん定時通りに働く科もありますし、残業の少ない医師もいます。しかし勤務医であれば残業は当然のように行われています。この問題の原因はどこにあるのでしょうか。それは医師の人数に対して仕事量が多すぎるということにあります。

研修医は勉強する立場でありながら、同時に労働者という立場でもあります。そして上司である医師は、医療面での指導者であり仕事上の上司でもあります。研修医は指導者の指示には逆らうことはできません。それで仕事を指示された場合にはすべて引き受けます。指示をするのは医師だけではありません。看護師も含まれます。書類仕事やこまごました雑用は大抵研修医の仕事になります。もし仕事を断るなら勉強する立場も危うくしてしまうので、あらゆる仕事を引き受けるのです。病院内では最も立場が低く発言権などありません。またそのような仕事が勉強の一部ともなっているので、境目がはっきりしていません。医師には定時や残業という概念がないというのが現状です。しかし近年少しずつ分業化が進んできて、医師にしかできない業務に専念できる環境が整いつつあります。

以前は研修医の仕事とみなされていた採血や点滴はほぼ看護師の仕事になっています。また電子カルテの導入によって膨大な書類仕事が軽減されています。さらに研修医の労働時間を制限するという取り組みも必要になってくるでしょう。アメリカではすでに研修医に週80時間の労働制限を設けていて、違反すると厳しいペナルティが課されます。日本でも導入を検討する必要があると考えられています。

研修医の方向けの転職サイト人気ランキング!人気No.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 ★★★★ 詳細

研修医のアルバイト探しならコチラ!高収入案件を多数紹介中!

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師バイトドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 ★★★★ 詳細

※研修医の転職ならリクルートドクターズキャリアがランキング位を継続中です。
※短期のバイト探しも上記のリクルートの転職で高待遇案件が見つかるのでお勧めです。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2018 研修医求人サイトランキング【※人気No.1サイトはココだ】 All Rights Reserved.