研修医の当直事情は?

研修医の当直事情は?

医者になるために誰もが必ず通る道が研修医です。この研修医という期間は医師人生の中でも最も過酷な期間といっても過言ではありません。社会人も入社1年目が一番大変ですが、医者の世界でもこれは同じです。日々抱えるストレスやプレッシャーには相当なものがありますが、その中でも実働時間が長いということは大きなストレスになりえます。朝は早くから患者さんの採血、プレ回診、夜もカルテ記入などの雑務がたくさんあります。加えて急変や緊急オペで夜中まで仕事などということも珍しくありません。

当直以外の日は10〜18時間労働ということもザラにあります。それに加えて当直が入ります。夜の救急当直は本当に大変です。一晩中起きていて救急車で運ばれてくる患者さんを次々と診察していきます。重症患者さんから風邪などの軽症者までさまざまです。そして当直で丸一晩ほとんど眠らずに働いた後、翌日も通常業務が待っているのです。研修医がどんな環境で当直をするかは研修病院によって異なりますが、主な業務は病棟の入院患者さんの対応と夜間の救急外来です。この当直業務は週1〜3回ペースで回ってきます。研修医のころは当直にまだ慣れておらず、当直のペース配分を誤ったり、要領が悪かったりして精神的体力的に疲れを溜め込みやすいといえます。

当直をうまく乗り越えている研修医が気を付けていることには次のようなことがあります。例えばちょっとした空き時間に仮眠をとることです。当直の仕事が一区切りついたら、すかさず仮眠をとるようにしましょう。特に夜の9時から12時くらいの間にたとえ短時間でも仮眠が取れるかどうかは翌朝の体調に大きく影響します。当直の忙しさには波があるので、仕事がひと段落したらすぐに体力温存を心がけるようにします。横にならなくてもソファーに深く腰掛け、目を閉じてしばらくじっとしているだけでも十分です。また当直に入る前に軽く腹ごしらえする人も少なくありません。研修医にありがちなのが、当直の仕事にかかりきりになって夕食を食べるタイミングを逃してしまうことです。

日によっては朝まで食事をとる時間が取れず働き通しになることもあります。当直の仕事に慣れるまでは当直の日の夕方に軽く腹ごしらえすると良いでしょう。このように休めるときに休む、食べられるときに食べるという習慣をつけるようにしましょう。駆け出しの研修医にとって当直は本当に大変ですが、それを経て一人前の医師になっていくのです。

研修医の方向けの転職サイト人気ランキング!人気No.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 ★★★★ 詳細

研修医のアルバイト探しならコチラ!高収入案件を多数紹介中!

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師バイトドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 ★★★★ 詳細

※研修医の転職ならリクルートドクターズキャリアがランキング位を継続中です。
※短期のバイト探しも上記のリクルートの転職で高待遇案件が見つかるのでお勧めです。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2018 研修医求人サイトランキング【※人気No.1サイトはココだ】 All Rights Reserved.