研修医の産休事情は?

研修医の産休事情は?

近年、女性医師の数は増えています。特に若年層ではその割合は高く、30歳未満の医師では35.4%が女性という割合になっています。医師は初期研修を修了する時点で早くても26歳になっています。その後、後期研修医として専門分野の研修に入り、専門医を取得するまでには30歳を過ぎてしまいます。この期間はまさに出産適齢期と重なります。それで子供を望む女性医師にとっていつ出産し、どのように復帰するかは大きな悩みの種となるに違いありません。

産休や育休は研修期間として認められず、専門医取得が遅れてしまうことがあるからです。研修医の産休事情はどうなっているのでしょうか。厚生労働省の提言によると、初期研修医は2年間の研修期間中、妊娠・出産・育児を理由に上限を90日(休日は含めない)として休止することが認められています。休止期間が90日以上になる場合には未修了となり、再度同じ研修プログラムで研修を行う必要があります。産休はいかなる場合でも取得は可能とされていて、産後6週間の休暇は法律上必須です。プラス2週間は任意で、産前の6週間も任意です。ただし、請求されれば雇用者は計14週間は休ませなければならないという事になっています。

まとめると、休暇の取得可能期間は90日÷5=18週間となります。産休のみを取るのであれば、初期研修を2年間で修了させることは制度上可能ということになります。育休に関しては、研修2年目でなければ取得ができません。後期研修で別施設に行くことが決まっている場合も取得できません。ただし未決定であれば取得は可能です。現在、女性の職場復帰システムは稼働しつつありますが、あくまで復帰が主眼となっており、積極的に産前産後の休暇や育児休暇を取得できる体制にはなっていません。制度上は研修中止理由として妊娠・出産・育児が認められていますが、給与保証の点では研修中の出産には対応できず、想定すらされていない施設がほとんどです。

それでライフプランを考えて研修を受ける病院を選ぶことが必要になるでしょう。女医にとって出産適齢期はまさに医師国家試験、研修医を経て専門医取得に向けて、必死に勉強し働くことが必要とされる時期です。専門医取得前に出産育児をするのはやはり険しい道となります。専門医取得後であれば環境が整っている、産後の働き方の選択肢が広がるといった意見もあります。いずれにしても医師に限らず働く女性の出産には考えるべきことがたくさんあるようです。

研修医の方向けの転職サイト人気ランキング!人気No.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 ★★★★ 詳細

研修医のアルバイト探しならコチラ!高収入案件を多数紹介中!

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師バイトドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 ★★★★ 詳細

※研修医の転職ならリクルートドクターズキャリアがランキング位を継続中です。
※短期のバイト探しも上記のリクルートの転職で高待遇案件が見つかるのでお勧めです。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2018 研修医求人サイトランキング【※人気No.1サイトはココだ】 All Rights Reserved.