研修医の確定申告は?

研修医の確定申告は?

確定申告は個人で事業を営んでいる人、年間収入が2,000万円を超える人、給料を2か所以上からもらっている人が行うものです。もし勤務する病院が1つだけである場合は、年収が2,000万円を超えない限り病院側で年末調整を行ってくれるので、医師が確定申告を行う必要はありません。しかし研修医や若手の医師の多くは大学病院の給料だけではやっていけない、将来の開業資金を貯めたい、スキルアップしたいなどの理由で、週末など空いた時間にアルバイトを複数こなしながら収入を得ることがあります。このように常勤の病院からの給与以外にアルバイト収入や原稿執筆料を受け取っているならば確定申告が必要となります。

申告の期限は毎年決まっており、2月16日から3月15日までです。期限が迫ってから申告を行おうとしても、日々の診療などが忙しく時間が取れなかったり、急患や海外出張などで予定が埋まってしまったりするケースもあるので注意が必要です。3月15日を過ぎても手続きは可能ですが、ペナルティが課されます。確定申告を怠ったり申告漏れがあったりすると延滞税や加算税が追徴されることになります。複数の病院から収入を得ている場合は、確定申告によって税金が還付される可能性が高くなります。アルバイト先の病院で徴収される税金は高い税率に基づいて算出されており、確定申告を行うとこれより低い税率が適用されるため、その差額が戻ってくるという仕組みになっているからです。

製薬会社などが主催する講演会や研究会などで講演した際に受け取る報酬や、専門誌や新聞などの原稿料などの副収入は、診療によって得られる給与ではなく、雑所得という扱いになります。年に20万円を超える雑所得も確定申告をする必要がありますが、かかった費用は必要経費とすることが可能です。しかし雑所得に関係がある支出が何でも必要経費となるわけではないので注意が必要です。例えば、講演会の会場までの交通費、講演のために新調したスーツなどは必要経費となりません。しかし講演のために購入した医学書は必要経費として計上できます。税務署では概算経費率というものを認めており、講演料は24.5%、原稿料は30%が概算経費率となっています。領収書を紛失してしまったり、金額の記録がなかったりした場合、概算経費率を適用して申告することができるということも覚えておきましょう。確定申告はアルバイト収入のある医師にとって避けては通れない道なのです。

研修医の方向けの転職サイト人気ランキング!人気No.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 ★★★★ 詳細

研修医のアルバイト探しならコチラ!高収入案件を多数紹介中!

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師バイトドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 ★★★★ 詳細

※研修医の転職ならリクルートドクターズキャリアがランキング位を継続中です。
※短期のバイト探しも上記のリクルートの転職で高待遇案件が見つかるのでお勧めです。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2018 研修医求人サイトランキング【※人気No.1サイトはココだ】 All Rights Reserved.