研修医に英語力は必要か?

研修医に英語力は必要か?

今現在、医学界にて話されている国際共通語は英語です。もちろん国家試験では英語の問題は出たとしても1、2問ぐらいなので、必要性を感じにくいかもしれません。しかし初期研修医から後期研修医になるにつれて、英語の文章を読む必要性は高くなっていきます。日本語の教科書で得られる知識だけでなく、原著論文を通して病気の存在や治療の根拠を学ぶ必要が生じるのです。また研修医として日本で勤務しているなら、英語で会話することはそれほどないかもしれませんが、研修期間の終了後に海外での活動や専門医となることを目指す場合、英語力は必ず求められるでしょう。日本国内でも日本語を話せない外国人を診察することもあります。

それで最新の国際医学に遅れないためには英語力は必須だと言えます。研修医であったとしても最新の知識を取り入れ、論文や資料の研究を行うためにもぜひとも身につけておきたいものです。医師や研修医の中でも英語への苦手意識がある人は多いようです。国際的なレベルで見れば日本人医師の英語力はかなり低いと言われています。医学部卒業前に英語を必死に勉強することで、英語力がある程度身に付き読み書きは可能なものの、最も重要とされている医療英語教育にはある程度の力しか入れられていません。そのため英語によるプレゼンテーションや海外の医師とのコミュニケーションなど医学英語による会話に慣れていない状況がみられます。

現在医学英語の教育が可能な教師や医師が日本に不足していること、国家試験から英語が除かれているなどの理由により、英語力のレベルをアップさせる機会が減っているといえます。特に必要とされているのは、医学論文を正しく読む力、正しく書く力、患者や医療従事者と会話する力です。もし海外の大学病院の研修医として働くことが可能であれば、正確な医学英語を早く習得できるでしょう。費用面などで難しいなら、TOEICなどを受け英語力を上げたり、海外で放映される医学ドラマを見て学んだりする努力が必要になります。研修医は非常に忙しい生活をしています。

英語の勉強をする時間を取るのは難しいことですが、研修医としての期間に英語力を伸ばすことでどんな専門分野に進もうと医師としての幅広い活躍を期待することができるでしょう。もし可能であれば、学生時代または初期研修医のうちから少しずつ英語を勉強することをおすすめします。そうするなら、後期研修医になった時の負担を軽減することができます。

研修医の方向けの転職サイト人気ランキング!人気No.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 ★★★★ 詳細

研修医のアルバイト探しならコチラ!高収入案件を多数紹介中!

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師バイトドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 ★★★★ 詳細

※研修医の転職ならリクルートドクターズキャリアがランキング位を継続中です。
※短期のバイト探しも上記のリクルートの転職で高待遇案件が見つかるのでお勧めです。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2018 研修医求人サイトランキング【※人気No.1サイトはココだ】 All Rights Reserved.